きれいを実現

使い分ける

名札を作る際の注意点

社員数が多い企業ともなると、管理のために名札を各人がつけることがあります。簡易的なものでは誰でも作れてしまうことから、専門業者に依頼して作ってもらうことが一般的です。その際、いくつかの注意点があります。まず、名札ということなので、社員名簿を専門業者に提示することになる場合があります。個人情報が漏洩してしまわないように、信頼できる業者を見つけることが重要です。また、旧字や難読漢字などが使われている人も居ます。この場合、せっかく名札を作るため、ふりがなを振ったものを作った方が効率的です。このような特別な依頼も受けてくれるような業者を探すことがポイントです。名札は見やすく作ってもらうことが重要と言えます。まずは見本をしっかり比較することが大事です。

用途に応じて使い分けよう

名札はいろいろなものがあります。専門業者に作ってもらうにしても、用途に応じて使い勝手がいいようなものを作ってもらった方がいいかもしれません。一般的には、社内を歩いていても誰からも分かりやすいように首からぶら提げるタイプが使われることがあります。このような名札には首からぶら提げやすいような紐を通す穴を作らなくてはなりません。また、胸ポケットなどに挟む形で取りつけるタイプの名札もあります。首から紐でぶら下げるだけではなく、スタイリッシュな形を望むにはこちらの方がお勧めです。いろいろな形で使えるように作ってもらうことをお勧めします。そうすれば、社外で名札を使う機会があってもいろいろと使える場が広がってくるからです。