美しい印刷

販促効果アップ

化粧箱のこれまでの歴史や変遷

カラー刷りの化粧箱が日本で普及を開始したのは、明治時代になってからのことです。贈答用の高級菓子や食品を入れる箱として使用されるようになり、大正時代になるとモダンなデザインの化粧箱が増えました。 昭和10年代から終戦直後までの時代は、カラフルなデザインの化粧箱は贅沢品の扱いを受け、デザインが簡素化されました。箱の材質も劣化しました。昭和20年代の後半から30年代になると日本は戦後復興を果たし、艶やかなデザインの化粧箱が製作されるようになりました。 昭和40年代になると、いろいろな商品を入れるために化粧箱が広く普及し、個性的なデザインの箱も増えました。有名デザイナーがデザインを考案するケースも増え、物流加工サービスでも化粧箱の製作が行われるようになりました。

商品を入れる箱の今後の動向についての予測

最近の化粧箱は、芸術作品のような美しいデザインのものが増えています。日本の化粧箱は海外で高い評価を受けており、海外では日本の化粧箱のコレクターも存在します。今後もこの人気は継続することが予測されます。 最近のマーケティングの戦略では、商品に付加価値を付けることが求められています。商品を入れる箱の善し悪しが売上を左右するケースも増えています。今後もこの傾向は続くと予測されます。 2000年代頃から物流加工サービスでも、化粧箱の製作が行われるようになっています。最近の物流加工サービスは、パッケージ印刷やラベル貼り、箱の製作などあらゆる事を行えるようになっています。今後も物流加工サービスはますます充実を図ることが予測されます。

  • 作成するポイント

    名刺というのは社会人であれば必要不可欠な存在となっています。しかし、どのようなデザインでも良いというわけではありません。では、作成する上でどういったことに気をつければよいでしょうか。

    詳しく読む

  • 使い分ける

    社員数の多い会社であれば、すぐに名前が分かるように名札を着用することがあります。専門業者にまとめて依頼すれば、様々な名札を作ってもらうことが可能ですし、コストダウンにも繋がります。

    詳しく読む

  • 業者に依頼する

    ポスター等の紙の印刷を専門業者に依頼すれば、細かいデザインでも希望を叶えることが出来ます。最近ではネットでも注文することが出来るようになっていて非常に便利です。

    詳しく読む